N.エヌドット【オイル】【セラム】【バーム】の選び方

美容師やモデルさん、SNSでも大人気のエヌドットのスタイリング剤。僕もサロンワークで一番使っているスタイリング剤なんですが、ワックスなどとは違ってほぼセット力はなくて、質感やまとまりをコントロールするアイテムです。

今回は一番よくお客様に聞かれる『結局私はどれを使えばいいの?』を解決します!

N.ポリッシュオイル

特徴

  • オイルタイプで伸びがめちゃくちゃ良い。
  • 天然由来成分のみで作られてる。
  • マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り。
  • シアバター配合。
  • シリコンフリー。
普段使っている感じだと、とにかく伸びがいいから少ない量でまんべんなく髪につけられますね。つけすぎるとベタベタになるから2〜3滴ぐらいから少しづつ足していった方が安全だと思います。
 

N.ポリッシュオイルはこんな人におすすめ。

  • トレンドの濡れた髪の質感に仕上げたい。
  • 髪の毛のパサつきを抑えたい。
  • 髪だけじゃなくボディオイルとしても使いたい。
  • ボリュームを抑えたい。
  • 天然由来成分しか使われていないので、肌が敏感な方も使いやすいです。

などなど、メンズが使いたい場合はハードワックスに2〜3滴混ぜて使うとジェルのように硬いツヤじゃなくて、柔らかいツヤが出ます。

注意するところ

オイルを使うときに一番気をつけないといけないのは『つけすぎない事』

これに尽きます。量を多くつけすぎると、ベタベタになって髪を洗ってないような見た目になってしまいます。特に前髪につけすぎた日にはもうシャンプーするしかありません。

ショート 2〜3滴
ミディアム3〜4滴
ロング5滴
を目安に使って、足りなければ足すようにする方が安全です。

ボリュームがかなり抑えられるので細毛の人、毛量が少ない人が使うのはお勧めできません。

あとは通販で偽物が出回っているようです。美容室で買うか、公式で買うのをオススメします。


N.スタイリングセラム

特徴

  • シアバターとボタニカルエキス配合。
  • シリコンフリー。
  • ホワイトジャスミン&ミュゲの香り。
  • オイルとバームの中間の質感。
  • スタイリングしながらケアできる。
スタイリングセラムは3つの中で唯一のセット力があるスタイリング剤です。これだけ全身に使えるわけではないので、使ったあとは手を洗わないといけません。

N.スタイリングセラムはこんな人におすすめ。

  • パーマスタイルなど動きのあるスタイルが好き。
  • オイルほどウェット感を出したくない。
  • パサつきを抑えたい。

自然なツヤ、柔らかい髪の動きを出したい方にはおすすめです。価格もオイル・バームの中ではリーズナブルで試しやすいと思います。ただなくなるのはスタイリングセラムが一番早いです。

注意するところ

スタイリングセラムに関しては特に失敗することはないと思います。どれにしようか悩んだときはスタイリングセラム選んどけば間違いないですね。


N.ナチュラルバーム

特徴

  • ハンドクリームにもなるトリートメント。
  • マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り。
  • シリコンフリー。
  • セミウェットな質感。
営業で一番使うのはバームで間違いありません。一番使いやすくて、髪につけたらそのまま手に伸ばせばハンドクリームになって手を一回一回洗う必要がありません。肌が弱いスタッフもこれだけ荒れないという安全性も高いと実感しています。

N.ナチュラルバームはこんな人におすすめ。

  • 髪につけた後に手を洗うのがめんどくさい。
  • ややウェットな質感。
  • パサつきを抑えてボリュームダウンさせたい。
  • ショートからロングまで万能で使えます。

リピートされる方も一番多いナチュラルバームです。切りっぱなしのボブでもロングの巻き髪スタイルでも使える万能のスタイリング剤。スタイリングセラムと同じぐらい使いやすいですが、ベタつくのが嫌な方はバームの方がおすすめです。

注意するところ

剤の形状が硬いので慣れるまで手に伸ばすのが少し大変かもしれません。

入れ物がガラスのような素材になっているので落としたら割れてしまうので、注意が必要です。


まとめ

ウィットの質感が出やすいのはオイルで次がセラムそしてバームです。全身肌にも使えるのがオイルとバーム。スタイリングセラムは3つの中で唯一セット力のあるスタイリング剤です。

N.シリーズは基本的にサロン専売品になっていて、偽物なども出ているようなので契約サロンの美容室で購入されるのがおすすめです。ラシンバンでも販売をしていますのでぜひお問い合わせください。

最新情報をチェックしよう!