【コロナ感染拡大防止】美容室でやるべき対策はなに?

国の緊急事態宣言も全国に広がり、スーパーやコンビニに行けば店員さんもお客様も全員マスクをつけていて、出入り口にはアルコール消毒。レジには飛沫防止のビニールシートがあってお店側もお客様側もかなり神経質になっていると思います。

そんな中、福岡の美容室でクラスターが発生してみんな『美容室はスタッフとの距離も近いし危険かも・・』と思われた方も多いんじゃないでしょうか?

今店舗でやっている新型コロナ拡散防止策をご紹介します。

設備の消毒と換気

  • 施術が終わるごとにセット面のアルコール消毒。
  • ドアノブや人が触れる場所の消毒。
  • シャンプー終わるごとに、シャンプー台の消毒(てすりなど)
  • お会計終了したら手指のアルコール消毒。
  • 窓や入り口を開けて換気。

セット面やドアノブなどはアルコール消毒を使って消毒します。人の触れるところ、飛沫が飛んでいる可能性が高いところなどは必ず消毒するようにしています。

あと消毒忘れがちなのはシャンプー台で、立ち上がるときにイスに触ったり壁に触れたりする事があるのでそこも拭いています。

季節的にそこまで寒くないので、窓や入口は常に開けていて寒い場合は上着を着てもらって対応しています。

膝掛けやクッションなど簡単に消毒できないもの、共有して使うサービスは提供をストップしています。

スタッフの体調管理と衛生管理

  • 出勤スタッフは毎朝体温を計って報告。
  • 不要不急の外出は避ける。
  • お客様ごとに手指の消毒。
  • 手洗いうがいの徹底。
  • スタッフ同士密集して話さない。
  • マスクの着用。
  • ミーティングなどはリモートで行い集まらない。

スタッフがコロナに感染した場合、他のスタッフなどの濃厚接触者は2週間は経過観察しないといけません。当然お店も休むことになり、風評被害も避けられないと思います。

そうならないように、手洗いうがいや手指の消毒などをお客様以上に考えて行なっています。

予約の制限

  • 店舗内にいる人数を決める。
  • 時短営業にする。

お客様同士の距離が近くならないように、席を1つずつ開けて使うようにしています。予約も余裕を持って取るようにして、店舗内に留まる人数を制限して3密を防止します。

緊急事態宣言を受けて、5月4日まで約2週間臨時休業をしていますが県内の状況を見ながら判断します。

お客様へのお願いと確認事項

  • 来店時・退店時の手指の消毒。
  • 来店時マスクの着用。
  • 2週間以内に県外・海外に行かれてないか。
  • 2週間以内に県外・海外に行かれた方との接触はないか。
  • 37.5度以上の熱はないか。
  • 体調は悪くないか。
  • 新規のお客様のご予約の一時停止。

来店時の手指の消毒は飲食店でもやっているところが多いので、お願いしても嫌な顔をされたりする事は全くありません。

お客様もいろんな場所でアルコール消毒されているので、手荒れされている方が多く、ハンドクリームなどで保湿してあげると親切だと思います。この時にハンドクリームをお客様に渡すんじゃなくて、スタッフが直接お客様の手に出してあげた方が衛生的にいいと思います。

一部サービスをストップ

  • ドリンク
  • クッション
  • 雑誌
  • ひざ掛け

雑誌なんかは1ページずつ消毒するわけにはいかず、コーヒーカップなどの食器類は直接口に触れるものなので提供をストップしています。最初は紙コップなどを使っていたんですが万が一を考えそれもやめました。

その他

  • フェイスブラシの使用を禁止。
  • カットクロスなども一人一人消毒。

フェイスブラシも一人一人消毒できないので、コットンやスポンジでお顔の髪の毛を払い、終わったら捨てる。カットクロスは使い捨てできないので消毒します。

最後に

他にも細かい事はあると思いますが、

  1. 可能な限りウィルスを持ち込まないよう注意する。
  2. 店内の消毒を徹底する。
  3. 3密にならないように距離をあける。

ウィルスは目に見えるものじゃないので100%予防できるとは言えません。

ですが、暗いニュースが多い今の世の中で、髪がキレイになって少しでも気持ちが明るくなればなと思っています。そのため最大限お客様とスタッフの事を考えて予防策を取りやっていこうと考えています。

5月5日より営業再開の予定なのでぜひお待ちしております。

最新情報をチェックしよう!